Page top

定格

形式 形H8PS-□A 形H8PS-□AF 形H8PS-□AP 形H8PS-□AFP
電源電圧 DC24V
許容電圧範囲 定格電源電圧の85~110%
取りつけ方法 埋込み取りつけ 表面取りつけ 埋込み取りつけ 表面取りつけ
消費電力 約4.5W(8点出力タイプDC26.4V時)、約6.0W(16点/32点出力タイプDC26.4V時)
入力 エンコーダ入力 専用のアブソリュートエンコーダを接続
外部入力 入力信号 8点出力タイプ:なし
16点/32点出力タイプ:バンク入力1、2、4、原点指定入力、起動入力
入力方式 無電圧入力 短絡時インピーダンス:1kΩ以下(0Ω時流出電流約2mA)
短絡時残留電圧:2V以下、開放時インピーダンス:100kΩ以上、最大印加電圧:DC30V
最小入力信号幅:20ms
出力 カム出力
運転中出力
NPNオープンコレクタ・トランジスタ出力
DC30Vmax.
100mAmax.(全カム出力と運転中出力合計で
1.6A以下でご使用ください)
残留電圧DC2V以下
PNPオープンコレクタ・トランジスタ出力
DC30Vmax.(16点/32点出力タイプは、DC26.4V)
100mAmax.(全カム出力と運転中出力合計で
1.6A以下でご使用ください)
残留電圧DC2V以下
パルス出力 NPNオープンコレクタ・トランジスタ出力
DC30Vmax.
30mAmax.
残留電圧DC0.5V以下
PNPオープンコレクタ・トランジスタ出力
DC30Vmax.(16点/32点出力タイプは、DC26.4V)
30mAmax.
残留電圧DC2V以下
出力点数 8点出力タイプ:カム出力8点、運転中出力1点、パルス出力1点
16点出力タイプ:カム出力16点、運転中出力1点、パルス出力1点
32点出力タイプ:カム出力32点、運転中出力1点、パルス出力1点
バンク数 8バンク(16点/32点出力タイプのみ)
表示方法 7セグメントネガLCD(第1表示:11mm(赤色)、第2表示:5.5mm(緑色))
停電記憶方式 EEP-ROM(書換え回数10万回以上)データ保持性:10年以上
使用周囲温度 ?10~+55°C(ただし、結露または氷結しないこと)USB通信時は0~+40°C
保存温度 ?25~+65°C(ただし、結露または氷結しないこと)
使用周囲湿度 25~85%
保護構造 パネル表面部:IP40リアケース:IP20
ケース外装 ライトグレー(マンセル5Y7/1)

性能

設定単位 0.5°単位(720分解能時)、1°単位(256/360分解能時)*1
設定ステップ数 1カムあたり最大10ステップ(10回までON/OFF可能)*2
入力 エンコーダ
入力
専用のアブソリュートエンコーダを接続
・応答回転速度(運転モード、試運転モード時):
256/360分解能時…max.1600r/min(4カム以上に進角機能を設定している場合は1200r/min)*3
720分解能時………max.800r/min(4カム以上に進角機能を設定している場合は600r/min)
・異常データ検出機能あり
エンコーダ
ケーブル
延長距離
256/360分解能時…100m以下(330r/min以下の場合)
52m以下(331~1200r/minの場合)4カム以上に進角設定している場合は、331~900r/min
12m以下(1201~1600r/minの場合)4カム以上に進角設定している場合は、901~1200r/min
720分解能時………100m以下(330r/min以下の場合)
52m以下(331~600r/minの場合)4カム以上に進角設定している場合は、331~450r/min
12m以下(601~800r/minの場合)4カム以上に進角設定している場合は、451~600r/min
出力応答時間 0.3ms以下
絶縁抵抗 100MΩ以上(DC500Vメガにて)
(導電部端子と露出した非充電金属部間、導電部一括とUSBコネクタ間)
耐電圧 AC1,000V50/60Hz1min(導電部端子と露出した非充電金属部間)
AC500V50/60Hz1min(導電部一括とUSBコネクタ間、導電部端子と出力コネクタの非充電金属部間)
インパルス電圧 1kV(電源入力端子間)、1.5kV(導電部端子と露出した非充電金属部間)
耐ノイズ 電源端子間:±480V
入力端子間:±600V
ノイズシミュレータによる方形波ノイズ(パルス幅100ns/1μs、立ち上がり1ns)
静電気耐力 8kV(誤動作)、15kV(破壊)
振動 耐久 10~55Hz片振幅0.75mm3方向各2h
誤動作*4 10~55Hz片振幅0.5mm3方向各10分
衝撃 耐久 300m/s2 3軸各方向各3回
誤動作*4 200m/s2 3軸各方向各3回
質量 約300g(形H8PS本体)

*1. ただし256分割/回転のエンコーダ使用時、カム出力精度は2°以下になります。 *2. 32点出力タイプの場合は、全カム出力合計で最大160ステップまでになります。 *3. エンコーダ 形E6CP-AG5C-Cを接続する場合は、max. 1000r/minです。 *4. USB通信時は除く。

適用規格

安全規格 c UL us (Listing) : UL508/CSA C22.2 No.14
EMC * (EMI):EN61326
放射妨害磁界強度:EN55011 Group1 ClassA 
(EMS):EN61326
静電気放電イミュニティ:EN61000-4-2 : 4kV接触、8kV気中
電界強度イミュニティ: EN61000-4-3 : 10V/m AM変調(80MHz~1GHz)、
 10V/m パルス変調(900MHz±5MHz)
伝導性ノイズイミュニティ:EN61000-4-6 : 10V(0.15~80MHz)
バーストノイズイミュニティ:EN61000-4-4 : 2kV 電源線、 1kV I/O信号線
サージイミュニティ:EN61000-4-5 : 1kV 線間(電源線)、 2kV 大地間(電源線)

*USBは、CEマーキング適合対象外です。

機能

形式 形H8PS-8□ 形H8PS-16□ 形H8PS-32□
エンコーダ
回転方向切替
エンコーダデータの正転(時計方向)/逆転(反時計方向)をDIPスイッチで切替可能です。
エンコーダ
原点指定
前面の原点指定キー操作により、
現在表示角度を0°(原点)にします。
前面の原点指定キー操作または
原点指定入力端子により、
現在表示角度を0°(原点)にします。
注. 原点はすべてのバンクで共通になります。
角度表示切替 256分割/回転のアブソリュート・エンコーダの表示を360°/回転に換算して表示可能です。
回転表示モニタ エンコーダの回転角度位置を、グラフィック表示します。
ティーチング
機能
カム出力のON/OFF角度値を機械(エンコーダ)を動作させながら“ならい”設定します。
パルス出力
機能
エンコーダ1回転あたりに、設定したパルス数の出力が可能です。
パルスの出力開始角度も設定可能です。
角度/回転数
表示切替機能
運転モード中に、「現在角度」と「エンコーダ回転数」を同時に表示します。
〔第1表示「現在角度」第2表示「回転数」〕⇔〔第1表示「回転数」第2表示「現在角度」〕の
表示切替も可能です。
バンク機能 - バンク0~7の切替により、
カムプログラムの一括切替が可能です。
前面のバンクキーまたはバンク入力端子にて、
運転するバンクの切替を行います。
バンク間のプログラムコピーも可能です。
進角機能 エンコーダの回転スピードに比例して、ON/OFFタイミングを、
あらかじめ設定している角度よりも早める機能です。
最大7カム出力に対し設定可能です。
回転数
警報出力機能
特定のカム出力をエンコーダの回転数警報出力として使用可能です。
回転数上限/回転数下限の警報出力が可能です。
オールプロテクト
機能
運転モードにおいて、すべての操作(キー、スイッチ)を無効にする機能です。
誤操作、不正操作を防ぎます。
カムプロテクト
機能
カム出力単位で、設定したプログラムの変更を禁止することが可能です。
プロテクトするカムNo.は任意に選択できます。
設定ステップ数
制限機能
1カム出力あたりの使用ステップ数を制限します。
誤操作によるプログラム追加などを禁止することが可能です。
出力禁止機能 - 運転/試運転モードにおいて、起動入力をOFFする
ことにより、カム出力を禁止することが可能です。
注. 起動入力がOFFの状態では、カム出力が
  出ませんので用途に合わせてご使用ください。
サポートソフト
での設定
- USB通信ケーブル(推奨品 エレコム株式会社製
U2C-MF20BK)にてパソコンとカムポジショナ本体
を接続し、 サポートソフト 形H8PS-SOFT-V1(別売)
を使用することで、簡単にプログラムの設定
(アップロード/ダウンロード)が行えます。