Page top

ZG2

スマートセンサ 2次元形状計測センサ

ZG2

2次元レーザで形状計測。革新技術で安定計測を叶えた、ZG2登場

形ZG-RPD11/ RPD41、形ZS-XRS2/ XPT2は2017年11月受注終了予定

※ Web特別価格提供品

センシングコンポ編 p.602

形状計測をもっと簡単、もっと高精度に

あきらめていた色・材質・複雑形状を安定計測

シンプル構成

セットアップらくらく。センサヘッドとコントローラで、すぐに使えます。

ZG2 特長 5

※スマートモニタZG2は、センサコントローラ形ZG2-WDC□1Aに標準装備

豊富な計測アイテム

ZG2 特長 8

業界最高 感度12倍UP

塗装面・黒ゴム

ダークカラーの塗装面や黒ゴムのように光を反射しにくく、センサヘッドの受光量が不足する色・材質は、外乱光の影響も受けやすく、これまでのレーザ計測センサが苦手とする対象物です。超高感度化と、外乱ノイズの徹底軽減を実現したZG2 ならこの問題を一挙に解決。周囲の照明環境に応じて、受光感度や背景除去レベルなどのパラメータを自動的に最適チューニングするAPS 機能も搭載。形状プロファイルを簡単かつ最適に再現し、高精度計測を実現します。
また、短い露光時間での計測が可能なため、移動対象物の計測も可能です。

※詳細は、カタログをご確認ください。

ZG2 特長 13

傾きのある透明体・光沢面

光沢面や透明体など、正反射成分の強い対象物では、対象物が少し傾くだけで光の反射量が激減し、計測が不安定になります。高性能ガウスレンズを搭載したセンサヘッドZG2-WDS3V なら、この問題を解消。傾き対応範囲を従来比2.5倍に拡大し、透明体なら±5°まで安定して計測できます。レンズやガラスプレートなどの組み付け検査に役立ちます。

※詳細は、カタログをご確認ください。

電子部品の組み付け検査

CCDやCMOS、水晶振動子の水晶片といったガラスや光沢表面の部品も安定して計測。基板やパッケージ面との段差を計測することで、部品の組み付け検査が可能です。

ZG2 特長 17

レンズの組み付け検査

レンズの頂点と、レンズホルダの段差を計測し、正しく組み付けられているかをチェックします。

ZG2 特長 18

速度10倍UP

高速タクトのライン

計測対象物に黒色面と金属面が混在する物体。円柱形状や形状が複雑な物体。これらの対象物は場所によってレーザの反射光量・反射角度が異なるため、きれいに安定したプロファイルを再現することが困難となります。この解決策として好評のオムロン独自の「マルチ感度機能」がさらにパワーアップ。課題であった計測スピードを高速化することで、高速のタクトラインでも使えるようになりました。

※詳細は、カタログをご確認ください。

ZG2 特長 20

幅広の計測対象物

ZG2 特長 22

2台のセンサコントローラを連結し、センサヘッド2台の同期計測を行うことで最大140mmまで計測範囲を拡大。連結方式の採用で、用途に応じた最適なソリューションをご提供します。

形状の変曲点を見つけて計測

ZG2 特長 24

計測対象物の角度変化がある部分を「変曲点」として捉える計測機能を搭載。対象物の特徴点の段差や幅を計測することが可能です。

交点の位置・角度を計測

ZG2 特長 25

計測対象物のもつ2直線上の「交点座標」・「交点角度」を計測する機能を搭載。
溶接対象物に対する、溶接トーチのならい制御などに活用できます。

設置・設定

センサヘッド設置時の調整を簡単に

「設置補正機能」が、センサヘッドと計測対象物を水平にするよう自動補正。設置時に生じてしまう基準面とセンサヘッドの傾きのずれを排除でき、センサヘッド設置時の調整時間を大幅に短縮できます。 ※傾きが大きいと計測誤差が生じることがありますので、実際の環境で計測精度を確認の上、使用してください。

ZG2 特長 27

設定をスムーズに

基本設定は3ステップ。高性能なセンシング性能をシンプルな操作で引き出せる、オムロン独自のインタフェースです。

ZG2 特長 30

※ 画面は、はめ込みイメージです。

計測

複数ポイントを同時計測

プロファイルから任意の計測ポイントを選び、最大8つまで同時に計測できるので、必要な検査を組み合わせることが可能です。幅・高さ・傾き・段差・断面積など合計20種類の計測アイテムから中から、目的に合わせてチョイスできます。

ZG2 特長 33

位置決めがラフな対象物を計測

位置決めが困難な計測対象物でも、位置と傾きを自動的に補正。
インラインでの計測が安定します。

ZG2 特長 34

運用

計測結果を残して傾向管理

データストレージユニットが新登場。計測値やプロファイルデータの保存が可能。メモリカードまたはシリアル通信でパソコンに取り込むことができ、製造履歴の管理や傾向監視・不良品発生時の解析に役立ちます。

ZG2 特長 36

※ロギングできる容量は、システム構成のページをご参照ください。

多品種少量生産に対応

センサコントローラ本体には計測条件を16個(16バンク)まで登録可能。バンクの切替えは、信号入力/コマンド入力/キー操作で簡単にできます。さらに、データストレージユニットを使えば4096バンクまで登録でき、多品種の生産ラインにもスピーディーに対応できます。

ZG2 特長 38