Page top

CJ2

CJ2シリーズ概要

CJ2

入力~演算~出力のシステムスループットの高速性を究め、ばらつきのない定時性に優れた制御を実現

形CJ1W-PTS16は2014年3月生産終了。形CJ1W-MCH71は2015年3月末日に生産終了の予定です。

※ Web特別価格提供品

豊富な実績を持つCJ1を継承、さらに進化して、CJ2へ。

先進の装置メーカとして装置にインテリジェント性と柔軟性を組み込みたい。しかも、システムの構築から稼動までのリードタイムを短縮したい・・・
こうしたニーズは高まる一方です。


オムロンは、そうしたニーズにお応えするCJ2をラインアップ。


高度なマシン制御に最適なCJ2H CPUユニットは、入力を取り込み、演算、出力するまでの「システムスループット」にこだわりました。
また高速大容量ネットワークへも対応し、同時にプログラミング、デバッグの効率を向上しました。


さらに、今回、ベーシックなマシン制御用に、CJ2M CPUユニットをラインアップに追加。
幅広いCPUの品揃えにより、どのような制御規模にも最適なCPUをCJ2から選択可能となりました。


CJ2は、小規模から高速・高精度な装置まで幅広く、簡単・安心に革新します。

継承と進化を遂げたCJ2

進化

オープンなネットワークに対応

汎用イーサネット技術を使ったオープンネットワーク、EtherNet/IPに対応。高速大容量データリンクを実現します。

高度なモーション制御をコストを抑えて、簡単に

多軸同期制御に対応。高価なモーションコントローラは不要です。

システムスループットの追求

サイクルタイムに影響するあらゆる処理を高速化。
さらにCPUの性能だけでなく、各ユニットの応答性能を追求しました。

継承

CPUユニットの共通化を実現

一貫したアーキテクチャで幅広いバリエーションのCPUを品揃え。さまざまな装置に最適なCPUユニットを選定できます。

CJ1のすべての資産を継承

豊富なCJ1のユニットをそのまま利用可能で、多彩なアプリケーションに対応できます。

実績ある技術をもとに革新

CJ2 特長 16

実績をベースに進化

2001年に登場し世界中で実績を持つCJ1。
CJ2は、そのCJ1の後継として、実績のある技術を究め、より高速に、より大容量となり、多彩なインターフェースを備えました。

CJ2 特長 17

開発効率の向上

CJ2は、タグをベースにした通信を実現。
アドレス変更に対して影響が少ないので、設備の追加・改造にも柔軟に対応。
上位アプリの開発もより容易となります。
さらに、ファンクションブロック専用メモリにより、プログラムの部品化・再利用性を加速できます。

CJ2 特長 18

多彩なインターフェース

CJ2はさまざまな制御用ネットワークをサポートします。

・ 産業用のイーサネット通信
・ RS-232C、RS-422A/485、USBのシリアル通信

・ オープンフィールドバス

・ モーションコントロールネットワーク

小規模から高速・高精度な装置まで、幅広く対応

オムロンは、長年の経験を活かし、お客様の多様なニーズにお応えする新しいPLC、CJ2を開発しました。
幅広いCPUのバリエーションで、装置にあわせて最適な機種を選択いただけます。
CJ2は装置の革新とコスト削減に貢献します。

幅広いCPUのバリエーション

タクトタイムの短縮、より優れた品質管理、より精密なトレーサビリティ・・・
そのためにPLCには、より高速で、より大容量であることが求められます。CJ2は、どのような装置にも最適なCPUを選べるよう、プログラム容量5Kステップから400Kステップ、データメモリ64Kワードから832Kワードまでを品揃え。

CJ2 特長 23

システム全体でリアルタイム性を追求

CPUユニットの演算性能だけでなく、20μsの高速A/D変換のアナログ入出力ユニットなど、応答性能を追求した新しいユニットを追加しました。さらに、それらユニットにダイレクトで高速アクセスする命令語も用意。入力から演算、出力までのシステムスループットの向上で、装置のタクトタイム、ワークの加工品質の向上にお役立ちします。

CJ2 特長 26

2つのモデルをラインアップ

ベーシックなマシン制御に・・・CJ2M

CJ2M CPUユニットは、包装機、工作機などの、汎用的なマシン制御に最適です。
当社従来比2.5倍の高速化(LD=40ns)を実現。
高いコストパフォーマンスをご提供します。
USBの他に、EtherNet/IP、RS-232C/422A/485のシリアル通信を選択できます。

CJ2 特長 30
CJ2 特長 31

高速・高精度なアプリケーションに・・・CJ2H

CJ2H CPUユニットは、高速コンベヤのソータおよび、電子部品の高速画像処理検査などの、高速・高精度が要求される制御に最適です。「システムスループット」の高速性を究め、ユニット間のデータの同時性を確保しました。
EtherNet/IPポートの有無は選択できます。

CJ2H CPUユニットなら、モーション制御に高価なモーションコントロールユニットは不要。高速対応の位置制御ユニットを使用して、最大20軸の同期制御が可能です。さらに、同期割込タスクに電子カムファンクションブロックを貼り付けるだけで、簡単に同期カム制御のプログラミングが行えます。

CJ2 特長 35
CJ2 特長 36