Page top

寸法測定の新基準
測定領域500mmで10μm精度

ZX-GT 特長 2

【クラス初】エリア内どこでも測定

従来のレーザ式測長センサにありがちな「測定エリアは中央の一部のみ」といった制約や「位置による誤差が大きい」という課題をクリア。500mmのエリア内ならワークがどこを流れても、上下どちらから挿入されても、安定して測定できます。対象物の位置決めがラフなラインや大型ワークのラインでも、ワーク搬送の邪魔にならないような設置が可能になりました。

ZX-GT 特長 5

【クラス最高】非接触でも10μm精度

非接触ながらマイクロメータ並の10μm精度で寸法測定・位置決めできるのは、このセンサだけ。従来のレーザ透過形タイプのセンサでは不安定だったガラスや鏡面体も、新アルゴリズムにより安定測定。多種多様なワークに対応できます。

【クラス最速】従来比1/7の高速測定

ZX-GT 特長 9

オムロン独自のアルゴリズム処理技術「TRIO」(Triple parallel processing)により、従来比約7倍の2000回/秒の高速サンプリングを実現。タクトタイムの大幅短縮に貢献します。

【クラス最小】手のひらに収まるコンパクトサイズ

ZX-GT 特長 12 スマートセンサレーザ式CCD測長センサ 形ZX-GTは手のひらに収まるコンパクトサイズ

ZXシリーズを継承したコントローラはクラス最小。コンパクトなセンサヘッドとともに、装置組み込みに最適です。

安定測定を支える先進のレーザテクノロジーとCCD処理アルゴリズム

周囲温度の影響を徹底排除

ZX-GT 特長 16 スマートセンサレーザ式CCD測長センサ 形ZX-GTは周囲温度の影響を徹底排除

測定精度を安定的に確保するためには、温度の影響を排除することが重要です。ところが、現場環境の温度は時間帯や季節によって変動しています。CCD方式を採用したZX-GTなら温度変動が「目盛り間隔(分解能)」に与える影響が低減され、誤差を0.01%(2.8μm※)までに抑えられます。

※代表例です。条件の詳細は定格/性能の表をご覧ください。

透明体検出が可能【MRCフィルタ搭載】PAT出願中

従来の透過形タイプのセンサでは、透明体のエッジ位置検出が困難でした。ZX-GTではオムロン独自のMRCフィルタ※(Mirror Reflection Cut Filter)とCCD方式を採用。鏡面体などの光を反射するワークやガラス(膜付き含む)などの光を透過するワークも安定して検出できます。
※MRCフィルタとは、オムロン独自の光学フィルタの名称です。

ZX-GT 特長 21 スマートセンサレーザ式CCD測長センサ 形ZX-GTは透明体検出が可能
ZX-GT 特長 22

離れても離れても、使いやすい

【新発想】スマートレシピ方式

ZX-GT 特長 25 スマートセンサレーザ式CCD測長センサ 形ZX-GTはスマートレシピ方式

データ収集・分析を強力サポート

測定データがパソコンにリアルタイムで蓄積されるので、現状把握やデータ分析を簡単に行えます。

ZX-GT 特長 28 スマートセンサレーザ式CCD測長センサ 形ZX-GTはデータ収集・分析を強力サポート

【業界初】PAT出願中
3way 光軸調整サポート

測定エリアがワイドになっても、様々なシーンで使える3つの光軸調整機能を搭載。現場でのセンサヘッド設置時、立上げ時、稼動時それぞれに最適な調整・確認方法を提供します。

ZX-GT 特長 31 スマートセンサレーザ式CCD測長センサ 形ZX-GTは3way 光軸調整サポート

【業界最長】ケーブル延長30m

投光器と受光器の接続が不要で、それぞれケーブルを最長30mまで延長できます。大型ワークの製造ラインや、大型装置などへ設置する際に最適です。

ZX-GT 特長 34 スマートセンサレーザ式CCD測長センサ 形ZX-GTはケーブル延長30m