Page top

使用上の注意

・サーミスタ素子は、JIS C 0920に定められた防浸形を満足しています。ただし、常時水中で使用することはできません。

・サーミスタ温度センサと本体はセット調整していますのでサーミスタ温度センサを改造しないでください。

・取りつける時はサーミスタ温度センサの先端部に機械的な力を加えないように注意してください。

・サーミスタ温度センサは本体内部に取りつけられておりますので過度な力で引っ張ったり本体に押し込んだりしないでください。

・サーミスタ温度センサの断線、短絡につきましては、本体を含めて再調整が必要です。修理をお申しつけください。

・サーミスタ温度センサ、外部設定器の配線は誘導ノイズの影響を避けるため、可能な限り、電源ライン、負荷ラインとは別配線を行ってください。

・ケースが汚れた場合は中性洗剤またはアルコールを含ませた布でふいてください。シンナー、ベンジンなどの有機溶剤、強酸、強アルカリ性のものは、表面を傷つけますので使用しないでください。

■サーミスタ部

・サーミスタは、本体に付属しています。サーミスタ仕様の詳細は、「形E5LD サーミスタ部」をご参照ください。

・サーミスタのリード線長さは2mが標準です。他に1、3、4、5mの長さも製作できます。(ただし、最長5mまで)

■自己診断機能

表示状況 内容 原因
オーバフロー 温度が測定範囲より高温になっています。
アンダーフロー 温度が測定範囲より低温になっています。
サーミスタ短絡 サーミスタが短絡しています。
サーミスタ断線 サーミスタが断線しています。
設定値異常 機器の故障です。

* 機器の故障ですので、修理が必要です。