Page top

項目 仕様
装着可能台数 CPUユニット1台あたり最大4台
CX-ProgrammerでI/Oテーブルをオフラインで
編集するときの本ユニットの設定
占有号機数:1
占有入力チャネル数:5
占有出力チャネル数:5
伝送方式 8ビットパラレル伝送
通信方式 半二重
インタフェース IEEE-488-1978(24ピン)規格に準拠
ハンドシェイク方式 3線式ハンドシェイク
機能的仕様(GP-IBインタフェース機能) マスタモード時:SH1、AH1、T6、TE0、L4、LE0、C1-4、28
スレーブモード時:SH1、AH1、T6、TE0、L4、LE0、SR1、RL0、PP0、DC1、DT0
接続形式 スター型、ディジーチェーン型
伝送距離 ケーブル総延長(すべての条件が満足されていること)
ケーブル総延長≦接続機器数×2m
ケーブル総延長≦20m
ケーブル1本の長さ、最大4m(1:1接続の場合)
GP-IB機器最大接続台数 本ユニットを含めて最大15台
GP-IB機器アドレス 0~30
デリミタの種類 CR+LF、CR、LF、EOI、任意のコードから選択可能
最大送受信データ量 1回あたり最大送受信バイト数 512バイト
最大GP-IBコネクタ接続数 2つ(重ねて接続)