ページ先頭

本文

センサ レーザ光の安全基準


光電センサは、レーザー光を使用するタイプもあり、レーザ光は、たとえ小さな放出量であってもパワー密度が高く、人体に有害となる場合があります。安全にお使いいただくために、ここではレーザー光の安全基準を解説します。

関連情報


レーザ光の安全基準

レーザから放出されたレーザ光は、たとえ小さな放出量であってもパワー密度が高く、人体に有害となる場合があります。わが国では、レーザ製品によって使用者に傷害が発生することを防止する目的で、国際電気標準(IEC)の基準をもとに日本工業規格「レーザ製品の安全基準」JIS C 6802が規定されています。
JIS C 6802ではレーザ製品をその危険度に応じてクラス分けし各クラスごとに必要とする安全対策を規定しています。
下にそのクラス分けの概要を示します。

クラス危険評価の概要
クラス1合理的に予見可能な運転条件下で、または観察用光学器具(ルーペまたは双眼鏡)を用いても安全なレーザ製品。
可視光の場合、目がくらむなどの視覚的影響が出る場合がある。
クラス1M合理的に予見可能な運転条件下で、裸眼では安全なレーザ製品。
光学器具を用いると、条件により目の障害が出る可能性がある。
クラス2通常、まばたきなどの嫌悪反応によって目は保護され、瞬間的な被ばくのときは安全であるが、意図的なビーム凝視を
すると危険なレーザ製品。また、残像による一時的な視力障害や、驚きによる反応動作によるリスクに注意が必要。
クラス2M裸眼においては、クラス2と同じく、通常まばたきなどの嫌悪反応によって目は保護され、瞬間的な被ばくのときは安
全であるが、意図的なビーム凝視をすると危険なレーザ製品。また、残像による一時的な視力障害や、驚きによる反
応動作によるリスクに注意が必要。光学器具を用いると、条件により目の障害が出る可能性がある。
クラス3R直接ビーム内観察による障害がクラス3Bに比べて比較的少ない。意図的に目に露光することは危険である。
また、残像による一時的な視力障害や、驚きによる反応動作によるリスクに注意が必要。
クラス3B目へのビーム内露光が生じると、偶然による短時間の露光でも通常危険。
条件により、軽度の皮膚障害または可燃物の点火を起こす可能性がある。
クラス4ビーム内の観察および皮膚への露光は危険。火災を発生させる危険性もある。
レーザクラス分類

レーザ光の安全基準は各国・地域により異なりますが、以下欧州および米国のレーザクラス分類の定義をご紹介します。

欧州(EN 60825-1)

欧州規格 EN 60825-1:2007のクラス分類基準はJIS C6802:2011と整合しております。
ただし、実際に適用する場合は、必ず規格原文をご確認ください。

米国

*以下は当社による規格原文(英語版)の翻訳であり、内容についての責任は一切負いません。実際の適用については必ず規格原文をご確認ください。

*米国向けには届出が必要となりますので、FDA(米国食品医薬品局)に届出を行った商品を選定してください。

*米国では現在、欧州規格とJISで整合している国際規格(IEC 60825-1 2007)を取り入れる準備をしており、暫定期間中はIECのクラス分類やラベルの使用を許可しています(Laser Notice No.50)。
詳細はLaser Notice No.50および、IECの規格原文をご確認ください。
弊社の商品の中には、Laser Notice No.50の規定により分類したものと、従来のFDA規格に基づくものがあります。

クラスFDAクラス分類の定義の説明
クラスⅠ危険なものと見なさない。
クラスⅡa可視レーザ光線(波長:400~710nm)に限定され、1,000秒以下の時間で観察する場合は危険なものと見なさないが、
1,000秒を超える長時間の観察は、慢性的な視覚障害の危険があると見なす。
クラスⅡ可視レーザ光線で、0.25秒を超える放出持続時間における放射パワーが1mWを超えないもの。
レーザ光線の観察は、慢性的な視覚障害の危険があると見なす。
クラスⅢa可視レーザ光線で、0.38ミリ秒超を超える放出持続時間における放射パワーが5mWを超えないもの。
放射照度によっては、ビーム内観察による急性視覚障害または慢性視覚障害の危険があると見なす。
また、光学機器を用いたレーザ光線の直接観察は、急性視覚障害の危険性が考えられる。
クラスⅢb全ての波長のレーザ光線に適用され、例えば可視レーザ光線では、放射パワーが5~500mWの範囲のもの。
直接光は、急性視覚障害や皮膚傷害を招く危険性が考えられる。
クラスⅣ放射パワーが、クラスⅢbの被ばく放出限界を超えるもの直接光だけでなく、散乱光も急性視覚障害や皮膚傷害を招く
危険性が考えられる。
レーザ光線による障害の防止策

また、労働安全衛生法ではレーザを用いた労働について、その安全予防対策の具体的内容をクラス1、クラス2以外のレーザ機器を対象に「レーザ光線による障害の防止対策について」で定めています。以下にそのクラス別措置基準を示します。

措置内容(項目のみ)措置内容レーザ機器のクラス
43B3R2M1M
レーザ機器管理者の選任レーザ機器の取扱およびレーザ光線による障害の防止について
十分な知識と経験を有する者のうちから選任
管理区域(標識、立入禁止)他の区域と区画し標識等で明示、関係者以外立入禁止




レーザ
光路
光路の位置作業者の目の高さを避ける
光路の適切な
設計・遮蔽
可能な限り短く折れ曲がる数を最小にして、歩行路と交差させず可
能な限り遮蔽
適切な終端適切な反射率および耐熱性ももつ拡散反射体または吸収体で終端
キーコントロールキー等により作動する構造
緊急停止
スイッチ等
緊急停止
スイッチ
レーザ光の放出を直ちに停止できる非常停止スイッチ
警報装置容易に確認できる自動表示灯等の警報装置
シャッタ放出口に不意の放出を避けるシャッタ
インターロックシステム等管理区域開放、光路遮蔽解除の時、レーザ放出自動停止
放出口の表示レーザ光放出口に表示




操作位置レーザ光路からできるだけ離れた位置でレーザ機器の制御
光学系の調整光学調整時は必要最小のパワーで行う
保護具保護眼鏡レーザの種類に応じた適切なレーザ用保護めがねの着用
保護衣皮膚の露出の少ない作業衣の着用
難燃性素材の
使用
難燃性素材の衣服着用、溶融して玉状になる化学繊維は不適
点検・整備始業点検、一定期間ごとの点検、調整
安全衛生教育労働者の雇い入れ時、作業内容変更時、レーザ機器変更時の教育
健康管理前眼部検査雇い入れまたは配置替え時に視力検査と併せて角膜、水晶体検査
眼底検査雇い入れまたは配置替え時に視力検査と併せて眼底検査


掲示管理者氏名レーザ機器管理者氏名
危険性掲示見やすい箇所に、レーザ光線の危険性、有害性および取扱注意事項
設置の表示レーザ設備の標識
高電圧の表示高電圧部分の表示、感電防止措置
危険物の
持込禁止
管理区域内爆発物、引火性物質
レーザ光路付近爆発物、引火性物質
有害ガス、粉じん等労働安全衛生法所定の措置
レーザ光線による障害の疑
いのある者に対する医師の
診察・処置
レーザ光による障害が疑われる者には、速やかに医師による診察・
処置を実施
欧州の規定

レーザ機器のクラス分けと要求事項

EN 60825-1

*以下は当社による規格原文(英語版)の翻訳であり、内容についての責任は一切負いません。実際の適用については必ず規格原文をご確認ください。

要求事項クラス分け
クラス1クラス1Mクラス2クラス2Mクラス3Rクラス3Bクラス4
危険度の説明合理的に予
見できる条
件化で安全
ユーザが光学
器具を用いた
場合に危険が
あるということ
を除いて、
クラス1と同じ
低パワー。
通常、まばた
きなどの嫌悪
反応によって
目は保護さ
れ、安全
ユーザが光学
器具を用いた
場合に危険
があるというこ
とを除いて、
クラス2と同じ
ダイレクト
ビーム内
観察は危険
になることが
ある
ダイレクト
ビーム内
観察は通常
において
危険
高パワー。
拡散反射光も
危険になる
ことがある
保護きょう体組込形
レーザ製品
については
要求される
レーザ製品ごとに要求される。
製品の機能実施上必要である場合を除き、レーザ放射の被ばくを制限する。
アクセスパネルの
安全保護装置
被ばく放出値がクラス3Rの値を下回るまで
パネルの取り外しが行えないよう設計されている。
被ばく放出値がクラス3Bまたは3Rの
値を下回るまでパネルの取り外しが
行えないよう設計されている。
リモートインタロック
コネクタ
不要レーザ据付時に
外部インタロックが
簡単に追加できる。
マニュアルリセット不要電力の中断
および
リモートインタ
ロックが作動
したときには、
手動による
リセットが必
要。
キー制御不要キーを抜いたときに
レーザが動作できない。
レーザ放射の
放出警告
不要レーザのスイッチがオンになった場合
またはパルスレーザのコンデンサが
チャージ中の場合、可聴または可視警
報を出す。クラス3Rについては不可
視放射が放出される場合だけに必要。
ビーム終端器
または減衰器
不要一時的にビームを
ブロックする手段を
提供する。
制御部不要調整および運転されるための制御部は
クラス1もしくはクラス2の被ばく放出限界
より上の露光による危険が無いように
配置されている。
観察用光学装置不要全ての観察システムからの発光は必ずクラス1Mの被ばく放出限界
以下である
スキャンニングレーザ光の走査不良による該当レーザクラス分類を越えない
クラスのラベル注意書きが必要図Aおよび図Bのラベルおよび注意書きが必要。
開口ラベル不要規定の注意書きが必要
パネルに対する
ラベル
不要被ばく放射のクラスに応じて適切な表示が必要
セーフティインタ
ロックパネルに
対するラベル
用いるレーザのクラスに応じて一定の条件の下で要求
可視・不可視レーザ
放射に対する警告
一定の波長に対して要求
使用者への情報取扱説明書には、安全に用いる上での注意書きが記載されていなければならない。
クラス1Mおよびクラス2Mには追加要求事項がある。
購入およびサービス
のための情報
販売促進パンフレットには、製品クラス分けが記載されていなければならない。
サービスマニュアルには、安全情報が載っていなければならない。

注1. 上記表は基本要求事項を簡易的にまとめたものです。実際に規格を理解、適用される場合には、必ず規格原文をご確認ください。
  2. 医療用レーザ機器の安全については、IEC 60601-2-22が適用されます。
  3. レーザ製品のユーザガイドは、IEC TR 60825-14を参照。

米国の規定

レーザ機器製造者への要求事項

FDA レーザ製品のための適合ガイド(2013年4月)
(Laser Notice No.50に基づいてFDAに届出する場合は、本表の規定ではなくIECの規定(ENと同じ)により対策を実施してください。)

*以下は当社による上記ガイドの翻訳であり、内容についての責任は一切負いません。実際の適用については必ず原文および規格本体をご確認ください。

要求事項レーザ製品のクラス(注1)
クラスIクラスIIaクラスIIクラスIIIaクラスIIIbクラスIV
性能(全てのレーザ製品)
保護筐体必要(注2)必要(注2)必要(注2)必要(注2)必要(注2)必要(注2)
セーフティインタロック必要(注3、4)必要(注3、4)必要(注3、4)必要(注3、4)必要(注3、4)必要(注3、4)
操作機器の位置対象外必要必要必要必要
観察光学系必要必要必要必要必要必要
走査に対する安全対策必要必要必要必要必要必要
性能(レーザシステム)
リモートインタロックコネクタ対象外対象外対象外対象外必要必要
鍵による制御対象外対象外対象外対象外必要必要
放射表示器対象外対象外必要必要必要(注10)必要(注10)
ビーム減衰器対象外対象外必要必要必要必要
手動リセット機構対象外対象外対象外対象外対象外必要(注13)
性能(特定目的製品)
医用他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
(注8)
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
(注8)
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
(注8)
測量用、水準器用、アライメント用他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
不可不可
デモンストレーション用他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
(注11)
他製品の同じ
クラスに対する
要求と同じ
(注11)
ラベル表示(全てのレーザ製品)
証明と識別必要必要必要必要必要必要
保護筐体内部の輻射
レベルによる
(注5)
必要(注5)必要(注5)必要(注5)必要(注5)必要(注5)
開口対象外対象外必要必要必要必要
クラス警告対象外必要(注6)必要(注7)必要(注9)必要(注12)必要(注12)
情報(全てのレーザ製品)
使用者のための情報必要必要必要必要必要必要
製品文書対象外必要必要必要必要必要
サービスのための情報必要必要必要必要必要必要

注1. 操作中に被ばくしうる最大レベルによる。
  2. 製品が機能するために必要とする放射以外の、クラスⅠを超えるレーザ放射に人が被ばくしうる場合に必要。
  3. 筐体が開いている時に人への被ばくが常に必要でない場合、運転中または保守中に開かれる保護筐体に必要。
  4. インタロックへの要求事項は、内部の放射クラスにより異なる。
  5. 警告文は筐体内部のレーザ放射のレベルと波長による。
  6. 警告文を表記したラベル
  7. CAUTION(注意)のロゴタイプ
  8. 人体への照射を意図するレーザ放射のレベルを測定する機器が必要。
  9. 2.5mWcm2以下の場合は“CAUTION”、2.5mW/cm2を超える場合は“DANGER”
  10. 放射表示と放射の間に遅延時間が必要。
  11. クラスⅢbまたはⅣのデモンストレーション用レーザやライトショーについては“VARIANCE(21 CFR 1010.4)”認可が必要。
  12. DANGER(危険)のロゴタイプ
  13. 1986年8月20日以降は必要。

主なレーザ使用センサのクラス分け
JIS/IEC/ENFDA商品名形式
クラス分類クラス分類
クラス1Class1
(Laser Notice No.50)
スマートセンサ レーザタイプ形ZX2-LD50V
Class Ⅱ形ZX-LT001/030
Class Ⅱ形ZX-LT005/010
Class1
(Laser Notice No.50)
アンプ内蔵CMOSレーザセンサ形ZX0-LD50A□L/LD100A□L/
LD300A□L/LD600A□L
Class1
(Laser Notice No.50)
アンプ内蔵CMOSレーザ変位センサ形ZX1-LD50A□L/LD100A□L/
LD300A□L/LD600A□L
Class Ⅱデジタルアンプ分離光電センサ
(レーザタイプ)
形E3C-LR12
Class1
(Laser Notice No.50)
アンプ内蔵形光電センサ
(レーザタイプ)
形E3Z-LR
形E3Z-LT
形E3Z-LL
Class Ⅱスマートセンサ レーザ式CCD測長センサ形ZX-GT□□S
Class1
(Laser Notice No.50)
スマートレーザヘッド CMOSタイプ形E3NC-SH100/250
スマートレーザヘッド形E3NC-LH01
形E3NC-LH02
形E3NC-LH03
Class Ⅰセーフティレーザスキャナ形OS32C
クラス2Class Ⅱスマートセンサ レーザタイプ形ZS-HLDS□
Class Ⅱスマートセンサ
(2次元CMOSレーザタイプ)
形ZS-LD□□
Class2
(Laser Notice No.50)
スマートセンサ レーザタイプ形ZX2-LD□/形ZX2-LD□L
Class Ⅱ形ZX-LD□
Class2
(Laser Notice No.50)
アンプ内蔵CMOSレーザセンサ形ZX0-LD50A□/LD100A□/
LD300A□/LD600A□
アンプ内蔵CMOSレーザ変位センサ形ZX1-LD50A□/LD100A□/
LD300A□/LD600A□
Class Ⅱデジタルアンプ分離光電センサ
(レーザタイプ)
形E3C-LD11/21/31
Class Ⅱ形E3C-LR11
Class2
(Laser Notice No.50)
スマートレーザヘッド CMOSタイプ形E3NC-SH250H
Class2
(Laser Notice No.50)
レーザ方式・固定型バーコードリーダ形V500-R521□□
Class2
(Laser Notice No.50)
レーザ式バーコードリーダ形V500-R2□□
未申請レーザマイクロメータ形3Z4L-S5□□RV3
Class Ⅱスマートセンサ 2次元形状計測センサ形ZG2-WDS3V
Class Ⅱレーザポインタ形F39-PTJ/PTR
クラス2MClass Ⅲbスマートセンサ 2次元形状計測センサ形ZG2-WDS70/WDS22/WDS8
レーザ光を安全に使うためのご注意

(1)レーザ光が直接あるいは鏡面体に反射して目に入らないようにご使用ください。

(2)レーザ使用センサには、下図のようなラベルが貼付されています。(代表例)
   取扱いはラベルの内容に従ってください。

クラス1タイプクラス2タイプクラス3Bタイプ

(3)光軸調整をされる場合は、IRスコープや赤外線を可視光に変える蛍光板などをご使用ください。

欧州および米国に輸出される場合は製品に同梱されている以下のラベルを貼ってください。なお、米国(FDA)向けラベルはFDAに届出・登録された製品のみ同梱しております。

欧州(EN規格)

米国(FDA)


最終更新日:2014年10月01日